証券会社

競馬で資産増

私の一口愛馬達

  • 1歳馬
    オスロⅠ
  • 2歳馬
    セレーネシチー
  • トレゾアシチー
  • マリエシチー
  • アスコットシチー
  • クリスタルシチー
  • ブライトシチー
  • ブルゴスシチー
  • ガウディシチー
  • ウィンドミルシチー
  • 3歳馬
    エドモンドシチー
  • マドラスシチー
  • 4歳馬
    サンディエゴシチー
  • 6歳馬
    フランドルシチー

大募集

  • ただいま、相互リンクしてくださる方を大募集しています。株、競馬、懸賞のブログをお持ちの皆様、よろしくお願いします。また、コメント、TBも大歓迎です。
無料ブログはココログ

« エイベックス株主総会2011その2 | トップページ | 東武鉄道株主総会2011 »

2011年6月28日 (火)

東京電力株主総会2011

今日は世界が注目する東京電力(9501)の株主総会に行ってきました。5年ぶり3回目の東京電力株主総会の参加です。

しかーし、9:20頃、着いたというのに長蛇の列。受付して中に入るまで20分かかりました。しかもすでに本会場は満席ということで、第二会場に案内されました。第二会場だとモニター観ているだけだからなんか株主総会に参加した気にならないんですよね。

20110628_003

上がメイン会場の入り口の写真。第五会場まであったが、それでも座ることができず、廊下にあふれている人もたくさんいたようです。結局、9200人を超える株主が詰めかけたようです。こういう大きい会場を抑えるためには1年前から予約しておかなければならず他に会場を移せなかったということですが、本当でしょうか?

このくらいの数の株主が来ることは予想できていたはずです。数ヶ月前から必死になって探せば来場株主全員が入れるような会場は見つかったのではないでしょうか。世界中が注目している株主総会です。なんとかしてほしかったです。

20110628_002

定刻通りに開始され、原発事故の謝罪で始まったかと思えば、いきなり株主から緊急動議の提案。勝俣議長の不信任を問うというものでした。でも、ここで、この不信任が通ったところで、この株主総会の議長を降りるだけで何の意味もありません。役員の選出は第1号議案にありますので、これが否決されなければ役員から降りる必要はありません。しかも、もろに議案の内容ですから動議でもなんでもありません。この株主は何がしたかったのでしょう。

その後、2時間くらい第二会場椅子に座りながらモニターを観ていたのですが、ずっと座っているのは疲れるんですよね。途中から廊下に出て、廊下のモニターで観戦をしたり、休憩室でお茶を飲んでいました。

20110628_004

廊下に何台も置かれていたモニターです。はっきり言ってこれで十分でした。

内容もすでに、新聞、TVニュースやインターネットに出ていますから自分が感じたことだけ書きたいと思います。

まず、この原子力発電所の事故ですが、自分の考えでは東京電力に賠償責任はないと思っています。原子力発電による事故は事業者が賠償責任を負うとなっているが、原子力損害賠償責任法の第三条第一項のただし書きにあるように異常に巨大な天災地変で生じた場合に関しては、この限りでないため、本来は国が率先して賠償を進めていくべきです。この東日本大震災が異常に巨大な天災地変でなければ、いつが異常に巨大な天災地変になるのでしょう。しかも、原子力発電所の建設は国が国策として進めていたものです。事故が起きてから、すべて電力会社の責任ですは、無責任でしょう。ただし、一番に考えていかなければならないのは被災者保護です。その点でいえば、国が無能で何もしないのですから、とりあえず東京電力が賠償を進めていくというのは正しいです。東京電力は被災者保護を進めておきながら、責任は国にあると戦うべきです。

国は与党・野党で争っていて被災者保護のことなんか全く考えていません。どちらも自分たちに政権が欲しいだけなので、相手を罵るしか能がないのです。少しでも、被災者保護に動いている東京電力が頼もしくさえ思えます。これで、国が責任を取らず、債務超過で100%減資で東京電力をつぶしてしまうようなことがあれば世界中から日本は笑い物にされてしまいます。

どうか国で責任を取って、被災者保護を進めてほしいと思います。

で、終わったのは16:00過ぎですよ。昼ごはんも食べず6時間。疲れました。あっ、途中から本会場の隅っこで立っていましたので、株主の罵声や怒号も聞けましたし、生で役員の顔も見ることができました。やっぱり株主総会は役員の顔を観ながらでないとね。

役員もそうですが、自分たちのことしか考えていない株主も多いこと。くだらない質問が多すぎます。この事故は東京電力の役員たちの責任で、株主には責任がないように考えている方が多くないですか。壇上にいる人たちは株主に選ばれた役員たちです。すべての責任は株主にあると言ってもよいのです。

当然のことながらお土産はありません。お土産を用意するくらいなら被災者保護に使って当然です。

しかし、疲れた一日でした。

« エイベックス株主総会2011その2 | トップページ | 東武鉄道株主総会2011 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51193/40588902

この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力株主総会2011:

« エイベックス株主総会2011その2 | トップページ | 東武鉄道株主総会2011 »

プロバイダ

  • プロバイダ選ぶならここへ

転職

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31