証券会社

競馬で資産増

私の一口愛馬達

  • 1歳馬
    オスロⅠ
  • 2歳馬
    セレーネシチー
  • トレゾアシチー
  • マリエシチー
  • アスコットシチー
  • クリスタルシチー
  • ブライトシチー
  • ブルゴスシチー
  • ガウディシチー
  • ウィンドミルシチー
  • 3歳馬
    エドモンドシチー
  • マドラスシチー
  • 4歳馬
    サンディエゴシチー
  • 6歳馬
    フランドルシチー

大募集

  • ただいま、相互リンクしてくださる方を大募集しています。株、競馬、懸賞のブログをお持ちの皆様、よろしくお願いします。また、コメント、TBも大歓迎です。
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月26日 (日)

有馬記念見事的中

昨日悩んでいると書きましたが、最終的にヴィクトワールピサを本命にしました。

相手の大本線にブエナビスタ。見事馬単的中です。(馬連は買っていなかったのでドキドキでした)

勝負は3連単で3着にエイシンフラッシュが来ていれば、完璧な予想でしたが、そこは残念でした。ペルーサが3着でも少し抑えていたんですけどね。

今回はほぼ一点予想で、1着ヴィクトワールピサ、2着ブエナビスタ、3着エイシンフラッシュで決まる公算が大きいと読んで、その3連単に3000円、3連複に1000円、馬単に3000円を賭けていました。

残り3000円をペルーサとオウケンブルースリを加えた馬単、3連単を軽く押さえ計10000円の勝負です。

完璧ではないですが、見事的中です。これで、有馬記念の3年連続本命馬1着、2着馬抜けのへたくそ予想から脱出です。今年も本命馬が1着ですので、4年連続して本命馬が1着という見事な推理は続いています。来年は5年連続本命馬1着を目指すとともに、3連単も当てたいですね。

しかし、一口愛馬のフランドルシチーはもう少しやれると思っていたので残念です。掲示板は確保してほしかった。また、サンディエゴシチーが京都金杯に登録していますが、リーチザクラウンやジョーカプチーノなどGⅠで活躍していた強豪も登録しており、結構手ごわいメンバーになりそうです。

2010年12月25日 (土)

有馬記念

中山大障害を見て帰ってきましたが、すでに明日の入場の順番待ちの列ができていました。

この寒い中、すごいですね。感心してしまいます。

さぁ、有馬記念ですが、やはり思い出は、トウカイテイオーとオグリキャップですかね。どちらも中山競馬場で観ていましたよ。ちなみにオグリキャップ引退の時が小学6年生、トウカイテイオーの時が中学3年生でした。オグリキャップの感動的な引退レース。トウカイテイオーの奇跡の復活は忘れられません。

今年の有馬記念ですが、まだ悩んでいます。この3年、1着の馬を本命にしていながら、2着がすべて無印で的中を逃しています。3年前は9番人気マツリダゴッホを本命も3歳牝馬ダイワスカーレットを軽視。2年前はそのダイワスカーレットを本命も2着に来たのが最低人気のアドマイヤモナークで撃沈。そして、昨年は、直前まで悩んだあげくドリームジャーニーを本命にするもブエナビスタを危険な人気馬と判断し消し。なかなかうまくいかないものです。

今年は、3歳馬に注目ということで、ヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュのどちらを本命にするか悩んでいます。相手にブエナビスタは外せないでしょう。しかし、ドリームジャーニーは切るつもりです。人気馬を軸にするので相手も絞るつもりです。

まぁ、有馬記念は1年の集大成ということで今年の世相を表す馬が来るとも言われています。2年前は山本モナの不倫騒動が大きな話題となっていて、2着に来たのがアドマイヤ「モナ」-ク。古くは9・11のアメリカの自爆テロの年は1着が「マンハッタン」カフェ、2着が「アメリカン」ボス。

さて、今年話題になったと言えば、AKB48。しかも、有馬記念の頭文字は有馬のAに、記念のK。そして、Bから始まる馬といえばブエナビスタただ1頭。それに4番のトーセンジョーダンと8番のメイショウベルーガを加え、3連単「7-4-8」のAKB48馬券。

そして、なんといっても今の話題は市川海老蔵。ヴィクトワールピサの馬主は「市川」義美さん。「エ」イシンフラッシュとブエナ「ビ」スタで3連単「1-10-7」の海老蔵馬券。もしくは「エビ」ナ騎乗のメイショウベルーガへ馬単「1-8」も海老蔵馬券。

AKB48にも海老蔵にも絡んでいるブエナビスタはやはり外せないのかなぁ。

しかし、千葉ロッテマリーンズの日本一はマリーンズファンの私としては最高の出来事でしたので、シーズン3位からの史上最大の下克上。前走3着のヴィクトワールピサとネヴァブションは怖い。それに、チームスローガンは「和」。藤沢「和」雄厩舎のペルーサも加え、馬連で1、2、14のボックスの千葉ロッテマリーンズ馬券もお勧め。

こういういろいろな買い方ができるのが有馬記念の面白いところですね。

今からまじめにしっかり予想したいと思います。

それと有馬記念の前に私には重要なレースがあります。8レースのグッドラックハンデキャップに一口愛馬のフランドルシチーが出走です。休み明けを1度使われ調子は上向きです。このメンバーでも好走可能だと思っています。

今日のオリンピアシチーの惨敗は予定外ですが、来年の京都金杯はサンディエゴシチーが出走予定ですし、一口愛馬たちが頑張ってくれているのがうれしい限りです。

2010年12月 1日 (水)

サンディエゴシチー復活勝利

サンディエゴシチーが日曜日のキャピタルステークス(OP)で約1年ぶりの勝利を挙げてくれました。

前日は、母校「船橋西高校」の同窓会に出席(20期の参加が自分一人だけだったのが残念)し、遅くまで飲んでいて、当日は仕事で朝新聞を見るのすら忘れていました。

デビューから3連勝でクラシックでも期待していた馬ですが、3冠レースすべてに出走はしたものの、ダービーの8着が最高着順とあまり良いところがありませんでした。

しかし、この激戦を戦っていたことは、このレースで大きく役に立ったのだと思います。また、マイル戦もかかり癖のあるこの馬には、よかったのでしょう。スムーズなレース運びで、ゴール前でしっかり鼻差先着です。オープン特別では力が上でした。

個人的には次走は、京都金杯がよいかなぁとは思っていますが、今のところどこを使うのかはわかりません。おもわず有馬記念のファン投票にも入れてしまいました。

1600m~2200m位の距離で活躍してくれることでしょう。来年の目標は安田記念から宝塚記念になると思っています。

サンディエゴシチーがんばれ!

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

プロバイダ

  • プロバイダ選ぶならここへ

転職

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31