証券会社

競馬で資産増

私の一口愛馬達

  • 1歳馬
    オスロⅠ
  • 2歳馬
    セレーネシチー
  • トレゾアシチー
  • マリエシチー
  • アスコットシチー
  • クリスタルシチー
  • ブライトシチー
  • ブルゴスシチー
  • ガウディシチー
  • ウィンドミルシチー
  • 3歳馬
    エドモンドシチー
  • マドラスシチー
  • 4歳馬
    サンディエゴシチー
  • 6歳馬
    フランドルシチー

大募集

  • ただいま、相互リンクしてくださる方を大募集しています。株、競馬、懸賞のブログをお持ちの皆様、よろしくお願いします。また、コメント、TBも大歓迎です。
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月28日 (火)

国の間違った判断によりつぶされた武富士

武富士(8564)が会社更生法適用の申請をするという大きなニュースがでた。

現在、成り行きで持ち株すべてを売り注文出しているが、本日は約定しないだろう。およそ100万円の損失が確定することとなる。

はっきり言って、武富士は国の間違った判断によってつぶされたといってもよいだろう。利息制限法と出資法の上限金利の間のグレーゾーン金利で貸し付けていた武富士は、06年1月の最高裁の「利息制限法の上限金利を超えるグレーゾーン金利は無効」との判決を受け、過払い金の返還が経営を大きく圧迫し、自立での再建をあきらめる形となった。

そもそも、なぜそうなったかを考えると、銀行の貸し渋りに始まる。バルブ時代に大きく貸し付けて未回収金が莫大になった銀行は、貸し渋りにより多くの融資をやめてしまった。そして、融資を受けられなくなった個人や中小企業経営者は、金利は高いのを承知で、仕方なく消費者金融からお金を借りることとなった。

また、もともと担保になるものを持たない個人や中小企業経営者は、消費者金融とリスクを共有する形で金利の高い出資法の上限金利、いわゆるグレーゾーン金利での融資を受けることとなる。

しかし、ここで考えなくてはいけないのは、銀行からお金を借りることができなかった人たちが、金利が高くても借りたいという希望と、消費者金融側の担保がなく未回収の恐れが出てくるリスクを軽減させるという目的が一致し、借りる側と貸す側の両者が合意の上で、グレーゾーン金利での契約が成立しているのである。

民法でも両者の意思表示が一致したときは契約は成立するとなっているではないか。そして、グレーゾーン金利は、法律上違法ということはなかった。(出資法の上限を超えて融資を行うヤミ金は法律上違法で問題があり、融資自体無効というのは納得できる)

それを最高裁は、民法の契約の根底を覆す「利息制限法の上限金利を超えるグレーゾーン金利は無効」との血迷った判決を出したのである。無効ということは今まで法律上有効な契約であったグレーゾーン金利での契約が過去にさかのぼってなかったことになる。なぜ、過去の契約は有効だが、今後は、利息制限法の上限を超える融資はできないということにしなかったのだろう。

そして、今年6月の改正貸金業法の完全実施によって、消費者金融からもお金を借りることのできない融資難民がヤミ金に走るという事態も起き、多重債務者を減らす目的が逆に短期間で多重債務者を増やす形になっているともきく。また、これは将来大企業に成長するはずの中小企業の成長を妨げ、日本の成長・景気の回復を妨げているという話も聞く。

さて、これらも問題を引き起こすきっかけとなった貸し渋りを行う銀行はというと、国から資金援助を受け、大した苦労もせず立ち直り、預金者から出資法の上限金利をはるかに超える時間外手数料という名前でお金を集めているのである。

2010年9月10日 (金)

エイベックスの株主限定ライヴが中止に

毎年楽しみにしていたエイベックス(7680)の株主総会後の株主限定ライヴが来年から取りやめになると、おととい発表されました。

株主の増加により会場が大きくなり経費がかかるのと、議決権行使書のオークションでの売買により株主以外の人が参加しているなどが主な原因ですが、この3年、ライヴを楽しませてもらっていたので残念です。

しかし、昨日は、100円近く株価が下がるかなぁと思っていたのですが、意外と頑張っていたので驚きでした。まぁ、業績も良いですし、配当もよいので、個人株主の投げが終われば、上に向かうと信じています。

今後は、保有株数・期間によってa-nation、浜崎あゆみ、GIRL NEXT DOOR、大塚愛、倖田來未、ELTなどの所属アーティストのコンサート無料招待とかができてくれるとうれしいなぁ。そうすれば、今まで遠くて株主総会に参加できなかった地方の株主の方にも、株主優待としてコンサートに参加でき、ライヴを楽しんでもらうことができるんじゃないかなぁ。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

プロバイダ

  • プロバイダ選ぶならここへ

転職

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31