証券会社

競馬で資産増

私の一口愛馬達

  • 1歳馬
    オスロⅠ
  • 2歳馬
    セレーネシチー
  • トレゾアシチー
  • マリエシチー
  • アスコットシチー
  • クリスタルシチー
  • ブライトシチー
  • ブルゴスシチー
  • ガウディシチー
  • ウィンドミルシチー
  • 3歳馬
    エドモンドシチー
  • マドラスシチー
  • 4歳馬
    サンディエゴシチー
  • 6歳馬
    フランドルシチー

大募集

  • ただいま、相互リンクしてくださる方を大募集しています。株、競馬、懸賞のブログをお持ちの皆様、よろしくお願いします。また、コメント、TBも大歓迎です。
無料ブログはココログ

« キリンビールさんからも当選品が届いた | トップページ | 整いました »

2010年7月 4日 (日)

オグリキャップ逝く

私が競馬を覚え始めた小学5年生の時に大活躍していたのがこのオグリキャップでした。オグリキャップに出会い、競馬に関心を持ち始め、いずれはこのような周りの人たちに夢を与えることのできるような馬を持ちたいと思ったのが、このブログのタイトルにもなっているJRA馬主への道の始まりでした。

そして、多くの人がもうオグリキャップは終わったと思っていた引退レースの有馬記念。小学6年生の私は中山競馬場でとんでもない光景を見にすることになったのです。直線を向いて先頭に立ったのは芦毛の馬体で青い帽子の8番のゼッケンをつけたオグリキャップだったのです。メジロライアンの追撃を振り切り見事に1着でゴール。引退レースを見事勝利で飾ったのです。そして、あのオグリコールは今でも忘れられない最高の出来事です。ちなみに当時、馬券の種類は単勝、複勝、枠番連勝の3種類しかなく、オグリキャップと同枠だったメジロアルダンに前年の天皇賞秋でお世話になった私は4枠は注目していたのですが、3枠のメジロライアンは人気でもあり完全に無視していたため的中とは至りませんでした。

また、オグリキャップが一番強いレースをしたと感じるのはマイルチャンピオンシップを勝ち連闘で挑んだジャパンカップだと思います。ホーリックスに敗れたとはいえ、当時の世界レコード2.22.2と同タイムの2着ですからすごいと思いました。

そして、20歳になった私は、夏休みにオグリキャップやトウカイテイオーなど引退した名馬に逢いたくて北海道一人旅を敢行したのです。優しい目をしていたオグリキャップにまた逢えたのは感動でした。

今は、一口馬主でようやく今年サンディエゴシチーがダービーに出走してくれました。まだまだ、夢の実現まではかなり遠い道のりですが、頑張ってJRAの馬主になり、オグリキャップのようなみんなに夢を与えることができるような馬を持ちたいと思います。

« キリンビールさんからも当選品が届いた | トップページ | 整いました »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51193/35631864

この記事へのトラックバック一覧です: オグリキャップ逝く:

« キリンビールさんからも当選品が届いた | トップページ | 整いました »

プロバイダ

  • プロバイダ選ぶならここへ

転職

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31