証券会社

競馬で資産増

私の一口愛馬達

  • 1歳馬
    オスロⅠ
  • 2歳馬
    セレーネシチー
  • トレゾアシチー
  • マリエシチー
  • アスコットシチー
  • クリスタルシチー
  • ブライトシチー
  • ブルゴスシチー
  • ガウディシチー
  • ウィンドミルシチー
  • 3歳馬
    エドモンドシチー
  • マドラスシチー
  • 4歳馬
    サンディエゴシチー
  • 6歳馬
    フランドルシチー

大募集

  • ただいま、相互リンクしてくださる方を大募集しています。株、競馬、懸賞のブログをお持ちの皆様、よろしくお願いします。また、コメント、TBも大歓迎です。
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

特別レースで愛馬対決実現

ロータスシチーとエミネムシチーが日曜日の新潟11R白馬岳特別に出走することになりました。

愛馬2頭が特別レースで戦うのは初めてのことです。すごく楽しみです。

ロータスシチーは長期休養明けとなりますので、最後まで息が持つかどうかは心配ですが、ここでも果敢に逃げてくれることでしょう。

エミネムシチーはこのクラスでは頭打ちの状態。1800mという距離が長いとは思いますが、53kgのハンデを生かして少しでも前進してくれればと思っています。

2頭で同着1位となるようならすごいですが、まずは掲示板に載ってくれれば良いと思います。

2009年4月28日 (火)

サンレッドシチー

シンシアシチーの代替馬として、サンレッドシチーをいただけることになりました。

父:マンハッタンカフェ

母:ミヤノスカーレット

の2歳牝馬です。

どういうわけか母のミヤノスカーレットとは縁があり、

スティングシチー、アンデルセンシチー、スカーレットシチーに続いて

ミヤノスカーレット産駒を保有するのは4頭目となります。

しかも、ミヤノスカーレット産駒のスカーレットソナタの子

ニクソンⅠも保有していますから、かなりの縁です。

なぜか、ミヤノスカーレットの産駒は馬体が良く見えてしまうんですよねぇ。しかし、ことごとく気性に問題があり、能力を出し切れてないというのが実情です。未勝利で引退したアンデルセンシチーにしても、現役のスカーレットシチーにしても、持っている能力を出して1つでも勝てば、1000万円クラスでも十分活躍できる力を持っていると思っています。また、ニクソンⅠも1歳馬の募集の中では一番良く見えたので、どうも、この血統は馬体は良いので気性との戦いのようです。

ちなみにこのサンレッドシチーも腰からトモにかけてもう少し筋肉がついてくれば、そこそこ走ってくれるんじゃないかなぁ。気性は分かりませんが・・・。

また、イーグルシチーの代替馬としていただいた2歳馬のサンディエゴシチーはすでに入厩し、早期のデビューが期待できそうです。

それから、今週は1000万特別で愛馬同士の対戦があるかもしれません。日曜日の新潟の白馬岳特別にエミネムシチーとロータスシチーが登録しています。愛馬同士の対戦というのは以前、未勝利戦であったような気がしますが、特別レースでは初めてです。登録頭数も多いですし、エミネムシチーはこのクラスで頭打ちの状態、ロータスシチーは長期休養明けと不安な方が多く、出走してくるかも分かりませんが、愛馬の対戦が実現すれば楽しみです。そして、フランドルシチーも目標を新潟に切り換えたようですので、もしここで2頭とも除外ということになれば、2週間後、愛馬3頭による対戦を見ることができるのかもしれません。特別戦で愛馬3頭の戦いというのも見てみたい気が・・・。

タイラントシチーの引退以来、特別戦で愛馬の活躍する姿を見ることが少なかったので、久しぶりに興奮しております。

最後に競馬とは全く関係ないことですが、ナルミヤ・インターナショナルの株主優待が届きました。エンジェルブルーやメゾピアノなど、普段は到底買うことができない高級子供服を姪に買ってあげるつもりです。

また、昨日は甘太郎、今日の昼はかっぱ寿司と株主優待を利用して、お店の状況を観察していますが、居酒屋の甘太郎はさすがにゴールデンウイークの谷間ということで、お客さんは少ないようでしたが、かっぱ寿司は13:30に行ったにもかかわらず、いっぱいで待たされました。一応、営業の邪魔にならないようにどちらも空いているであろう日時を選んで行っているんだけどなぁ・・・。

2009年4月27日 (月)

a-nation

エイベックスより「a-nation」の株主優先発売のご案内が届きました。

今年は全国5箇所7公演です。出演者は場所によって変わりますが、TRF、浜崎あゆみ、大塚愛、倖田來未、東方神起、ELT、GIRL NEXT DOORなど豪華です。

ちなみに私はチケットを買って見に行くつもりはありません。ケーマーの意地として懸賞で当てて見に行くつもりです。しかし、a-nationのチケットは今まで当たったことがありませんが・・・。今年こそです。

今年は今まで応募してこなかった試写会やイベントごとにも積極的に応募しています。しかも、「THE CODE 暗号」の試写会で大好きな稲森いずみを生で見ることができたことで、試写会ってなんてすばらしいんだと感動しております。

また、何か当たらないかなぁ。

2009年4月22日 (水)

生・稲森いずみ見てきたよ

懸賞で当たった「THE CODE 暗号」のプレミア試写会に行ってきましたよぉ。

舞台挨拶では、林海象監督、尾上菊之助、稲森いずみ、宍戸錠、松方弘樹が壇上で映画の感想などを述べてくれました。いやぁ~しかし、いきなり宍戸錠と松方弘樹のガンアクションで舞台挨拶が始まるとは思いませんでしたよ。ビックリです。

しかーし、一番のビックリは、初めて生で見た稲森いずみの美しさです。スラッとしていて、気品のある美しさ。やっぱり稲森いずみは大好きです。もうすごく感動でした。

ただ、肝心の映画の中身はというと、なんだかしっくりこないものを感じました。「THE CODE 暗号」というタイトルの割には、暗号解読に時間をかけているわけではないし。美しい稲森いずみの背中にかかれた暗号なんだから、もっともっと暗号に注目して欲しかった。それとやけにガンアクションが多いのは気に入らなかった。ちょっと何かあると鉄砲パンパンとやるのはいかがなものでしょう。

ただし、注目するところもありますよ。まずは一番初めの爆破事件のとき。あら、こんな役者も探偵役で出ているの。という感じで探してみてください。そして、斎藤洋介には大注目ですよ。しかし、何より大注目なのは稲森いずみの美しさとその歌声でしょう。

5月9日(土)の公開を楽しみにしていてください。

2009年4月18日 (土)

イーグルシチーの引退と代替馬

アドバンスシチーの代替としていただいたイーグルシチーですが、未出走のまま引退となってしまいました。

ルールでは、ここで、代替馬は打ち切りのはずだったんですけど、ここが友駿の良いところ。未出走引退なので特別に代替馬として2歳馬のサンディエゴシチーをいただけることになりました。

父親はアドバンスシチーと同じマンハッタンカフェ。ひとつ上の姉エリーズシチーも持っていますので、2世代続けてジェニーソングの子を持つことになりました。

しかも、すでに入厩間近ということで、早期デビューが期待できそうです。480kgと馬格もあり、写真を見る限りパワーはありそうですので、ダートの中距離あたりで活躍してくれればと思っています。

2009年4月17日 (金)

同じものが当選

またもや「THE CODE 暗号」のプレミア試写会の招待券が当選しました。

しかも、日時も場所も同じ、21日(火)恵比寿ガーデンホールでの試写会です。

レッドクリフPart2の試写会はひとつも当選しなかったのに・・・。

レッドクリフPart2は順調な滑り出しみたいですね。週末は映画館も混んでいるだろうし、平日のもう少し落ち着いた頃に見に行きたいと思います。

2009年4月14日 (火)

「THE CODE 暗号」の試写会招待券当選

私の大好きな稲森いずみさんが主演する「THE CODE 暗号」のプレミア試写会招待券が当選しました。

しかも、試写会ということで、尾上菊之助、稲森いずみなどの舞台挨拶が予定されているということで、もう大興奮です。

21日(火)の恵比寿ガーデンホールが待ち遠しいです。

2009年4月 9日 (木)

そろそろ3歳馬に勝利が欲しい

今週は期待のシンシアシチーとスカーレットシチーが出走します。

しかも、面白いことに今までダートを使っていたシンシアシチーが芝に、芝を使っていたスカーレットシチーがダートに挑戦です。特にシンシアシチーは福永ジョッキーですので期待が大きいです。スカーレットシチーもメヌエットシチーに初勝利をくれた荻野ジョッキーですので一発の魅力はあります。

悪くても5着以内で優先出走権だけは確保して欲しいところです。

2009年4月 4日 (土)

ほとんど予想通りの結果

中山競馬場で出走した一口愛馬3頭ですが、それぞれが能力通りの結果になったと思います。

アルアインシチーですが、見せ場すら作れず馬群に沈んでしまいました。調教では良い動きを見せますので、他の馬を怖がっているのかもしれません。ブリンカーを試して欲しいと思います。また、距離は現状では短い距離の方が良いと思います。芝の1200mなんかは適していると思います。

フランドルシチーですが、昇級初戦にしてはがんばったのではないでしょうか。直線入り口では先頭に立っていましたので、見せ場十分です。最後も完全に脚が止まったようには見えなかったので、このクラスでも十分戦えるところを見せてくれたと思います。ただ、直線ヨーイドンでは、切れ味に劣るところがあるので辛いのかもしれません。また、今日は先行馬にはきつい流れだったので、7着は良く粘ったと判断できるでしょうし、勝ちに行ってこの結果ですから満足です。次走も長い距離なら大きく崩れることはないでしょう。

エミネムシチーは終始、外を回っていたように見えました。まだ、このクラスでは力不足ですので、調教師は使いながら力を付けようという考え方なのでしょう。しかし、この1800mという距離は幾分長い感じもします。もう少し短い距離で走って欲しいです。ただ、本音としては、2ヶ月くらい休ませて、500万クラスに降級してからもう一度上を目指して欲しいというのが強いです。

2009年4月 3日 (金)

中山競馬場に集合

明日、4月4日は中山競馬場に大集合です。

同一日、同一競馬場で3頭の一口愛馬の出走です。

まずは、アルアインシチーが3Rの3歳未勝利戦に、そして、フランドルシチーが10Rの安房特別、最後にエミネムシチーが最終12Rの1000万円条件に出走です。

アルアインシチーは距離が伸びての変わり身に期待。フランドルシチーは昇級初戦となりますので未知な部分がありますが、この距離なら大崩れなく走ってくれると思います。エミネムシチーは少しずつこのクラスにも慣れてきている感じがしますので、入着が目標です。

そろそろ、3歳馬に勝利が欲しいところです。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

プロバイダ

  • プロバイダ選ぶならここへ

転職

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31