証券会社

競馬で資産増

私の一口愛馬達

  • 1歳馬
    オスロⅠ
  • 2歳馬
    セレーネシチー
  • トレゾアシチー
  • マリエシチー
  • アスコットシチー
  • クリスタルシチー
  • ブライトシチー
  • ブルゴスシチー
  • ガウディシチー
  • ウィンドミルシチー
  • 3歳馬
    エドモンドシチー
  • マドラスシチー
  • 4歳馬
    サンディエゴシチー
  • 6歳馬
    フランドルシチー

大募集

  • ただいま、相互リンクしてくださる方を大募集しています。株、競馬、懸賞のブログをお持ちの皆様、よろしくお願いします。また、コメント、TBも大歓迎です。
無料ブログはココログ

« USJを売却 | トップページ | ヒューリックの株主総会 »

2009年3月24日 (火)

侍ジャパンWBC連覇

やってくれました。侍ジャパン!

5度目の韓国戦に勝ち、世界一です。

これで、2連覇。4年後は3連覇がかかりますががんばってくれることでしょう。

2大会連続MVPの松坂をはじめ、ここぞというときの岩隈、そして、ダルビッシュと先発3本柱は良くやってくれました。

そして打つ方でも、やっぱり最後はイチロー。この最後の打席のために、今まで打たなかったのかと思えるくらいの見事な演出ですよ。ドラマになります。また、小笠原、川崎、青木なども良くやってくれました。ベンチにいた選手も含め全員が世界一のチームです。

また、何より熱心に応援していたファンもすばらしい。

今年は、メジャーリーグでなく、日本のプロ野球が世界最高峰の野球です。

ちなみに日本優勝の勝因を考えてみると、アメリカが作ったルールが、実はとても日本に味方してくれたのではないかと思っています。それは、投手の投球数制限と登板間隔。先発投手が投球数制限があるため、早いイニングで交代せざるを得ないため、良い投手一人だけでは勝てない。そして、連投もできないとなると、長いイニングを投げることのできる良い投手が最低でも5人は必要でした。日本は先発3本柱のほかに、杉内、渡辺俊、内海とタイプの違う投手がそろっていたのはとてもよかったと思います。実際、今大会日本チームの防御率はトップですし、実は韓国戦以外で点を取られたのは、準決勝のアメリカ戦のみで、他の試合はすべて完封です。日本と同じようにつなぐ野球をしてくる韓国にはてこずりましたが、長打力が魅力なチームは、日本を全く打ち崩せなかったのです。

オリンピックと違い、この投球制限がある限り、日本の優位は4年後も続くと思います。

おめでとう! 侍ジャパン!

« USJを売却 | トップページ | ヒューリックの株主総会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51193/28785923

この記事へのトラックバック一覧です: 侍ジャパンWBC連覇:

« USJを売却 | トップページ | ヒューリックの株主総会 »

プロバイダ

  • プロバイダ選ぶならここへ

転職

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31