証券会社

競馬で資産増

私の一口愛馬達

  • 1歳馬
    オスロⅠ
  • 2歳馬
    セレーネシチー
  • トレゾアシチー
  • マリエシチー
  • アスコットシチー
  • クリスタルシチー
  • ブライトシチー
  • ブルゴスシチー
  • ガウディシチー
  • ウィンドミルシチー
  • 3歳馬
    エドモンドシチー
  • マドラスシチー
  • 4歳馬
    サンディエゴシチー
  • 6歳馬
    フランドルシチー

大募集

  • ただいま、相互リンクしてくださる方を大募集しています。株、競馬、懸賞のブログをお持ちの皆様、よろしくお願いします。また、コメント、TBも大歓迎です。
無料ブログはココログ

« 決算発表追加 | トップページ | 小僧寿しの無配転落について、その2 »

2007年2月11日 (日)

小僧寿しの無配転落について

金曜日の引け後に、小僧寿し本部(9973)が2006年12月期末配当を無配にすると発表したと、このブログに書いたが、それについてふと思ったことがある。

現在の株主の私から見たら、この無配転落というのはかなり残念なことである。しかし、ふと親会社すかいらーくの経営陣の立場として考えてみたら、私も同じことを小僧寿し側に提案したかもしれない。

小僧寿しがすかいらーくに買収されたのは昨年の5月ごろ。知っての通りそれまで数年間赤字経営が続いて、同年の3月の株主総会で創業者が経営から退いていた。そこでいきなり経営に参加し、6月の中間配当を無配にはできないだろう。では、経営を立て直すにはどうするか?

やはり配当を一度落とすことは考えられる。そして、不採算店舗の撤退。それによる特損の計上。そう、2006年中に一気に膿を出し切ってしまうことだ。

そして、見事に大きく不採算店舗を削り、また店舗改装するなどし、特損を計上してきた。それにより2006年12月期は黒字転換の予想だったのが一転赤字転落(マグロやサーモンの高騰もあったが)。その結果、期末配当を無配にする言い訳が出来た。黒字なのに配当を落とすわけにはいかないからね。

さて、問題はここからだ。

火曜日はほぼ間違いなく株価は下落するだろう。たいして売買高が大きくないので、動く時は上にも下にも大きいと思われる。ではどうするか?私がすかいらーく経営陣であれば、チャンスとばかりに買い増しして保有割合を増やすでしょう。しかし、現在の私に買い増しできる資金はない。

すかいらーくが買い増しすればするほど、浮動株は少なくなり、さらに株価の動きは材料により上にも下にも急になるだろう。そして、後日さらに2007年予想を四季報予想より若干下方修正する。そして、下がったところをさらに買い増しする。この時点で、すかいらーくの持ち株比率はかなり高まっているだろう。

でどうなるか?

眠くなってきたので続きは明日。

« 決算発表追加 | トップページ | 小僧寿しの無配転落について、その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51193/5305786

この記事へのトラックバック一覧です: 小僧寿しの無配転落について:

» 株価は需給バランスできまる? [株初心者向け会社四季報活用基本講座 ]
バブル崩壊後の株式市場においてはプライスメーカー(株価決定者)の役割を 担っています。外国人の日本株買いは海外株式市場の動向に連動しやすいので、時価総額が大きく成長力がある [続きを読む]

« 決算発表追加 | トップページ | 小僧寿しの無配転落について、その2 »

プロバイダ

  • プロバイダ選ぶならここへ

転職

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31